シンプルに行こう

「仕事だから」

たったその一言で表される責任感で人生のその瞬間の全てを賭けられる、人がいる。


私もその一人だった、今でも働くことは好き。
でも何かが根本的変わって、年を取ったからなのかもしれないけど、28歳までに全力で働き切ったから、理系の誰かが言うように何かが「サチった (satulationを起こした、という意味でよく理系の人々は使うらしい) 」なのか。

 

 

誰のために働いても自分の命、一度きり。

将来に安泰なんてない、あるならそんなの幻想だ。

誰かために生きることが本望なのが人間の性なら、いまのうちに自分のためにやり切ることしかないのではないかと思う。

 

女の人生は本当にやることが多い。

あれもこれもはムリ?

 

やってみて分かること。失敗とも言えない失敗。他人の勝手な評価。自分の中でいつのまにか巣くった自尊心。

 

シンプルにいこう。人生は一度きりなのだから。