2年9ヶ月の振り返り。

  1.  

    10月1日付けでAccount Executiveに昇進しました。昇進といっても、平社員です。自己紹介の際に他業界の方にAssistant Account Executiveという長ったらしいタイトルを説明しなければならない手間が省けたぐらいです。

    まずは、手に負えない感がハンパない私を、ここまで成長させてくださった会社、チーム、上司、そしてクライアントの方々に感謝です。

    昇進のレターをHR managerから手渡された時に、私が入社して以来、未だに誰も私のように「なぜbeaconに入社したいか」を長々と書き綴ったレターを送りつけてきた人はいませんと言われて、色々と記憶が蘇ってきた。笑

    どうしてもcreative agencyにいきたくて人材紹介会社を回ったけど4、5社は断られたでしょうか。「業界未経験で外資系広告代理店への転職はムリ」と立て続けに断られて、求人票すら見せてもらえませんでした。

    それでも諦めきれなくて、最後の最後に検索に引っかかった名もないエージェントに電話をかけて、やっぱり断られて、「絶対損させませんから!一回だけ会って話を聞いてください!」と食い下がり30分だけ面談の時間を獲得。(しつこい笑)

    リクルーターに目も合わせてもらえずスタートした面談だったけど、結局2時間ぐらい話しが盛り上がり、ガッツは買うけど、駄目元で履歴書だけは送ってあげるよと折れてもらいました。

    学歴も職歴もパッとしない私のCV、、、これだけ送ったら絶対落ちる。と思って書いた、いわゆる志望動機書。もうどっかいっちゃったしあっても恥ずかしくて読み返したくないけど、ガッツは伝わったらしく書類選考が奇跡的に通り(笑)、面接の際にはリクルーターさんも菓子折りを持って人事に献上してくれる程、応援してくれました。内定は2012年のクリスマス。27日に内定書を受け取って年内契約、翌2013年1月4日からの弾丸出社でありました。

     

    最初の1年半はまさに「下積み」。ミーティングセット、英日議事録、競合分析、資料の英訳とプリントアウトをひたすら。面白いところは、全然できなかった。できなかったというのは、やらせてもらえなかったというより、理解できなかった。それでも悔しくて、1社目で培った、「ミーティングに参加する = add valueする = 積極的に発言する」は期待されてもいないのにやり続け、うるさいなって顔されながらも、尊敬するコピーライターさんが段々リアクションしてくれるようになって「それは違う」「それいいね」「古谷ちゃん、言う通りだね」と返してくれるようになって、すごくすごく嬉しかった。

    残念なことに、最初に担当したinitiativeはtotalで2年かけた(私は後半1.5年関わった)にも関わらず、たくさんの事情により世間の目に触れることはほぼなくなってしまいましたが、◯社のいわゆるマーケティング、コミュニケーションの極意を学ぶことができ、そのおかげで今の自分があると思います。その頃は、本当に本当に辛かったけど、、、笑

    今でも、最初に担当したグローバルブランドは思い入れが一番強いと思う。本当に好きです。今年カンヌ受賞してすっごく嬉しかった。

     

    去年の夏から新しいクライアント・ブランドを担当させてもらい、サイクルの早いプロジェクトの方が自分の性格・能力に合ってるなぁと新しい発見もあり。2014年夏から約1年半で、新商品1つ、全国プロモーション1つ、ウェブキャンペーン1つ、アプリローンチ等々、ATL、店頭からウェブまで幅広くやらせて頂きました。

    タクシー帰りが当たり前な忙しさだけど、がんばったinitativeが全国に出た時の嬉しさときたらないです。最初に担当させて頂いた新商品が去年の年末にローンチした時は、一番てこずったアイテムの夢を見て当日の朝を迎え(形状四角で合意したはずのアイテムがラウンドになってて、夢だと気付いて起きた)、飲み会の帰りに毎回酔っ払ってコンビニで写メを撮り、我が子のように可愛がって周りをドン引きさせていました。

    初めて参加したゴルフコンペでは、叩きまくって安定のブービー(ビリは確か220強のツワモノ、フレディ・モタだった)、その後2回連続で幹事になり、残業の中ヒーヒー言いながら準備大変だったけど、先輩幹事のサポートも頂き、参加者の皆さんがとっても喜んでくれて、感謝のメールもたくさん頂いて、会長秘書の方からこんなにみんなが喜んで連絡までくれたコンペは今までなかったと話してくださった時は、片手間じゃなくてしっかりと企画・準備してよかったと思いました。これからはいつ幹事になっても大丈夫!

     

    コンペだけでなく、社内の歓送迎会、バースデー、クライアントのfarewell、打ち上げまで、業務外のところでより成果を発揮し「お祭りやさん」化しております。たまに見ててくれる人がいて、後で「ありがとう」って声をかけてくれたり、思いがけないところで助けてくれたりすると、嬉しくてまたやっちゃうんですね。

    「お祭りやさん」の称号、そろそろ後輩に譲りたいなぁ〜と思ってるのですが、パーリーピーポーの称号とともに、まだ外れる気がしません。

     

    あっという間の2年9ヶ月でしたが、途中で悩んだ時期は何回もあったし、何回も辞めようかなとか、他社からお声掛け頂いたことも何度かありました。こういう業界なので転職してナンボなところもあり、そうやってタイトルと年収を上げていくのが賢い生き方だと思いますが、ジョブホッパーでタイトルだけ上げて実力が伴わない人にはなりたくないので、名実ともに評価して頂けるように踏み留まりました。年収が200万近く上がるオファーを蹴った時は、各所からもったいないコール頂きましたが。後からやっぱり行っとけばよかったかな、、って思うんですけど。

    学生バイトの頃からそうだったのですが、お金を稼ぐために働くという概念がなくて、本当にやりたいことをやって、価値を生み出して、その結果報酬を頂ければそれでいいと思っているタイプの人間でして、損する性格だなぁと思うのですがあまりお金に執着がないのです。

    キャリアアップして、ビジネスで成功して年収上げたいという向上心は人一倍強い方だと思うのですが、稼ぎたいからではなくて、とにかく価値を創造したい。I wanna make this world a little better、それに尽きるので、お金が理由で動くことは今までもこれからもないだろうし、でもこれからも成果を出し続けていくので、世の中に前向きな価値を提供して、その結果として裕福になれたらそれほど幸せなことはないなぁと思っています。

    AEになったからとって、何が変わるわけでもないんですが(笑)一応節目として、今まで以上に仕事面だけでなく人間面も成長できるように決意を新たにしてみました。

    既存の概念に囚われず、失敗を恐れず、think out of boxでこれからもっと色々なことにチャレンジしていこうと思います。ブログでのoutputも定期的にやっていけたらいいな。これからもどうぞよろしくお願いします〜。