読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【うさみみの「働く」を振り返るシリーズ①】生活の中に「働く」が溶け込んだライフスタイルと「過労」はちがう

みんな、何のために働いてるのかな。

 

私は「働く」ことに関してたくさん想いがあって、よかったことも、間違ってたこともあったと思う。女性として無理しすぎた時もあったし、もっとこうすればよかったのに、と振り返って思うこともたくさんある。

爆走してきた20代最後に区切りがついて、改めて、自分にとって「働く」ってなんだったのかなとか、人生についていろいろと思考してたので

改めて、何を学んでこれからにどうつながるのか、働くシリーズでまとめてみました。

 

 

【うさみみの「働く」を振り返るシリーズ①】

生活の中に「働く」が溶け込んだライフスタイルと「過労」はちがう

 

最も身近なロールモデルである親の「働く」スタイルに影響を受けない人はいないと思う。私もその一人だ。

 

父は祖父から継いだ下町の小さな印刷会社をやっていて、6階建ての小さなビルに会社と自宅が完結していたから、生活の中に「働く」が常に溶け込んでいて違和感がなかったし、公私の境は全くなかった。

 

例えば、会社と自宅に合計 11機の電話があって、全部つながってるから(笑)いえ電=会社電話がしょっちゅう鳴っているとか。しばらく待ってても会社の電話を誰も取らないでいたら、幼稚園年長ぐらいから電話対応するのが当たり前だった。

 

家族旅行やディナーは父の仕事関係のお得意さんとか、取引先の家族といっつも一緒だったし、プライベートのお付合い=仕事のお付合いだった。母は上(自宅)で私を育てながら、下(会社)を手伝っていて、上と下の往復でバタバタしていた。下町の小さな会社ってどこもそういうところが多かったんじゃないかと思う。(ちなみにその間の階におばあちゃんが住んでいて、仕事と子育てと親の世話が全て一つの場所で完結してる場所ってきっと珍しい環境だったんだろうな、と今振り返って思う。)

 

そんな感じで「働く」が家庭生活の中に溶け込んでいたから、社会人になってからもあまり「仕事とプライベート」とか「ワークライフバランス」とかを気にしたことがなかった。定時になったら切り上げていい仕事があるだなんて信じられなかった。決められた時間の中で働く、という概念が理解できなくて。

 

「これくらいの時間・労働に対して、これくらいの賃金をいただく」という発想じゃなくて、起きてる間は働いてる、という感覚。どこにいても仕事のヒントがあるし、お給料を頂きながら色々なことをお勉強させて頂いている、成長させて頂いている、という気持ちで働いていたと思う。仕事は90%辛いことばっかりだったんだけど、きっと夢に続いていたり、何かしら好きなことにつながっていたから、そういう感覚で働けたんじゃないかなと思う。

 

世の中的には一見「過労」と言われるような働き方ばっかりだったけど(笑)、私は今、自分で選んでこの道を進んでいるという気持ちでいた。つまり、自分の人生は自分でコントロールできている、という感覚。確かに、月400時間働いてた時は、死亡しましたけどねww

 

残業が当たり前とか、ダラダラ長時間働くことが正しいとは思わなくて。

でも私が代理店を辞めたのは、長時間労働が理由じゃない。自分で自分の人生をコントロールできている、本当に社会(消費者)のために価値を提供し、貢献できていると思えなくなったから。第三者から無理やり押し付けられた業務を、ただ「やらなければいけない」という責務だけでこなし続ける日々に疲れたから。

 

時間的に「働きすぎた」んじゃなくて、「自分でコントロールできない」状況が続くと気持ちが本当に疲れてしまうんだね。

 

ただ、代理店の働きすぎカルチャー、日本社会の「めっちゃ働いてる奴がえらい」的な風潮は、ほんとにどうかと思うけどね。この問題はいろんな社会心理的要素が絡んでいるので、単に「これが原因!」って言い切れないのが気持ち悪いところだ。

 

兎に角、「働くが溶け込んだライフスタイルが当たり前」の私が、さすがに「働きすぎて燃え尽きた」わけだから、何をするにしても、これからはもうちょっとやり方を考えないといけないなとは思っています。そのちょうどいい塩梅を模索しているので、アドバイスあったらぜひください!

 

The new chapter of my life has just began ;)

 HOLA! I'm finally back from Barcelona and Ibiza


This trip was meant to be very important to my life, it's not only for refreshment after quitting beacon after about 4 years of my dedication, but also the treat for myself after all 7 years of hard work since I was graduated. AND the finare of my 20's... although many of my friends have kindly notified me that it's IMPOSSIBLE but this is for my graduation of "partying"... and Ibiza is no wonder the best place to do so. 

 

The result is, as many expected, it wasn't really the finare but the beginning of the new chapter! (yeah, it seems everyone else knows me better than I do!) But wait, please don't get me wrong, it's not just the new chapter of "partying", this is the new chapter of your LIFE; how to fulfill your life in various aspects. I just learnt a LOT what the true happiness in your life in Ibiza

 

Ibiza is well known as the party island, but it's really not only about partying. That's the reason why there are many senior tourists. 

 

I will introduce about Ibiza in details separately while I'm writing here what I felt and learnt from this trip. 

 

It's ironic that I felt this at the world's best party island but I really felt I want to come back there with my future family again and again untill I get old. People in the island are mostly tourists from Europe and some are from the United States, of course there are lots of locals and Spanish from other island, and they just know how to live your life. They are so liberated to anything restrict you in the hectic town like Tokyo. 

 

The beautiful blue beach, perfect sky and sunshines. Tasty wines and sangria, refreshing local beer. Tapas, palla, various seafoods served well... and nothing more than that, people with good heart you're accompanied with. That's all you need. How simple the happiness is! Life is beautiful. and you don't need so much to make it come true.

 

Especially the ancient town and restaurants nearby, that's my favorite place in Ibiza. Every single thing, even a little door nob, or flowers blooming on the street, is just so beautiful. You may not believe it but it's just true.  Just waking on the street in the morning, in the daytime, in the evening.... your heart will be full with happiness. 

 

If you go down to the party town where you can hear the best sounds literally ALL NIGHT (or I could say ALL DAY), you can find people who knows HOW TO PARTY.

Surprisingly, there weren't wasted guys bothering us at all (of course there were few got caught by cops at the club but that's because of fighting). True party people knows HOW TO PARTY, which DOESN'T mean ordering fuckin' expensive champaines, trying to be cool, getting drunk and hitting on girls for all night (which most of the Japanese stupid guys do in Roppongi), but just get whatever you wanna get and just dive into the sound. Each night, each party gives you respective sounds. Some day they give you deep house, or hitchart, it could be soft house. In any case, the quality of the sound and the vives you feel is just FANTASTIC! 

Of course there are some things you need to care about and be responsible to yourself, but as long as I know, there weren't really bad crimes or dangers I felt expect to the drug deelers on the street.lol but they are also good guys. They talk to you (especially because we're Japanese and they know many Japanese come to the island for their "thing") but if you tell them we're not really interested in, in a causal and nice way, they wouldn't push more. Just say "okey, then have a good time!" with smile and that's it. 

 

By the way, you better be careful with a big ship. A small one is fine but the big one. I got sick on the last day and I literlally TOOL A PILL IN IBIZA. Though it's a seasick pill, not the "right" pill. 

 

Well, so, as said, the new chapter of my life has just began. 
Whatever I will do in this coming years and whatever achievements I will aim and realize through my business, my life goal is always stay in Ibiza; to be liberated, simply enjoy the happiness with truely beloved family & friends, and live your life to the fullest, as people in Ibiza do. 

目に見えない価値

まだ存在しない「目に見えない価値」を創り出すこと。

 

たとえば、まだ実現されていない新しいイノベーションや人々の生活スタイルだったり、企業の新規事業開発だったり、ブランディングだったり。

 

そんな簡単にできることではないし
その価値をすぐに理解してもらうのもとても難しい。

 

自分の未熟さに凹んで
数日、悶々と考えていたのだけど

 

目先の利益や、即物的で表面的な価値を追いかけていたら、抜きん出ることはできない。
だから、いまはまだできなくても、目指し続けることが大切だと。

 

そういう意味で、ブランドを築き上げた人たち(クライアント側も、エージェンシー・クリエイター側も)や、人々の生活を変えるイノベーションを作った人たちの長年の努力、信念と積み重ねは凄いことだと改めて思う。

 

 

他の思考軸で「教養」というキーワードがずっと頭の隅にあって、目にみえない本質的な「価値」を創るって、子供の「教養」とすごく似ているんじゃないかと。

 

幼稚園生や小学校生に、国立オーケストラとか、モネ、ダリ、現代アートからバロック時代のコテコテ美術、書道、歌舞伎、会席マナー、本物の寿司の味、フレンチのフルコース、そこで繰り広げられるサービスの愉しみ、クラシックカーの曲線美、歴史的建造物の匂い・・・体験させても、その本当の価値なんて、その時に理解し切れるわけがない。でも、目で見て、耳で聴いて、身体で感じたことって、ずっと残っていて、蓄積されて、いつかその価値が活かされる瞬間がある。センスに現れる。価値観が養われる。判断力がつく。

 

小さな子供にその価値を最初から教え込もうとしたって、そんなの無理。じゃあ、わからないから、すぐにその教養の「結果」が目に見えて現れないから、お金と時間をかけるのは勿体無い、だから子供にそういうたくさんの「教養」を与えなくていいかといったら、私はゼッタイにNOだと思う。

 

 

自分の会社や、サービスや、プロダクトも、子供と同じなんじゃないかな。


事業としてマネタイズし売上を上げることは大前提として、それ以上に成長し育むためには、「目に見えない価値」に、忍耐強く、お金と時間と、いろんな本物を消化させることが大事なんだと思う。

 


理想論だけど。

シンプルに行こう

「仕事だから」

たったその一言で表される責任感で人生のその瞬間の全てを賭けられる、人がいる。


私もその一人だった、今でも働くことは好き。
でも何かが根本的変わって、年を取ったからなのかもしれないけど、28歳までに全力で働き切ったから、理系の誰かが言うように何かが「サチった (satulationを起こした、という意味でよく理系の人々は使うらしい) 」なのか。

 

 

誰のために働いても自分の命、一度きり。

将来に安泰なんてない、あるならそんなの幻想だ。

誰かために生きることが本望なのが人間の性なら、いまのうちに自分のためにやり切ることしかないのではないかと思う。

 

女の人生は本当にやることが多い。

あれもこれもはムリ?

 

やってみて分かること。失敗とも言えない失敗。他人の勝手な評価。自分の中でいつのまにか巣くった自尊心。

 

シンプルにいこう。人生は一度きりなのだから。

Innovation and creative development - commonality and differences

新規事業もスタートアップのブランディングも、
思考フレームワークはクリエイティブエージェンシーでのクリエイティブ・プランニングに通じている部分も多いなとよく思うこの頃。(経営、投資、業界知識、テクノロジーの理解、実行力などなど、それだけじゃ全然足りないのだけど。)

大きく異なるのは;
(1) 発想の起点がクライアント・ブリーフではなく事業戦略にある
(2) 開発プロセスでは、まとまった形の情報や提案を、主従関係の外部同士のやりとりで交換し合うのではなく、内部から共走してプロセスを共有し一緒に押し上げていく(まさにアクセラレーター)
(3) 最終的なアウトプットがクリエイティブではなくイノベーションないしはビジネスそのものであること。

勉強が足りなさすぎてまだまだだけども、めっちゃ楽しい。

 

I really think things like new business development and start-up branding have commonalities to what creative agency does during creative planning. (Although lots more are required like skills and knowledges about business, investment, market, technology and more importantly, ability to get things done.)

What makes a big difference are;
(1) Starting point is business strategy itself, not a client brief
(2) Escort from the inside of the organization and share development processes together to push the idea up for realization, not a back-and-forth correspondences of batches of information/proposals between a master-servant relationship (aka. client and agency), this is exactly why "accelerator" values!
(3) Final output is innovation or/and business itself, not limited to creatives.

Although I need more study and learnings, this is so much fun!

とりとめもない話:ウサギとヒグマ論、「かわいい」信仰、からの新しい女子評価軸

女の子の働き方とか、働く上での気構え(?)とか、Gender equalityまわりで何かひっかかりがあってモヤモヤしてたのですが、最近それが納得できる考えに至ったのでここにまとめたいと思います。(いつかもっと端的にまとめたいと思ってますが、長文駄文です。)

 

 

 

たぶん、新卒1年目が終わる頃(24歳頃)だったと思うのだけど、この先働く上でどういう心構えでいこうかな、って悩んだことがあった。

 

まだ一人前の社会人とはいえなくて、先は遠いなぁ、、、と遠い目になっていたのですが、本気でその道越えてくなら、

 

いつもどこかにある「女の子だから(許してちょ)」という自分の甘え心と、

周りの「女の子だから(しょうがないよネ)」の甘い誘惑

 

を断ち切って、腹くくらないと到底乗り切れないと思ったからである。

 

その一方で、「女の子らしさ」は随所で期待され重宝され、むしろ女の子らしさがないと期待を裏切られた感を出されるし、でも女の子らしくすればするほど、一人の社会人としてナメられるという矛盾。(いやお前そんな女子力あったっけ?ってツッコミは受け付けません。)

 

受験に勝ち抜いて、国立大とか海外の有名大学を卒業してて、人生の最初から「優秀な女の子」っていう設定でキャリアをスタートする女の子だったら話は全然ちがったのだろうけど、私はそうじゃなかったから、若さと可愛さしか売りがなかった(汗)でも仕事はしっかりやりたい、一人の社会人として認めてほしい、でも実力がない、っていうジレンマの中でぐるぐるしてたと思う。

 

結局その時は他にも死ぬほどたくさんの仕事が山積みだったので、もがきながら結局そんな悩みは忘れて没頭していった気がする。(つまりその課題は未解決のまま放置された。)

 

  

その課題が最近ふとしたきっかけでカムバックして、改めてちょっとオトナになった頭でしばらく(たぶん2ヶ月ぐらい)ぼんやりと考えていたのですが

 

 

このモヤモヤを整理すると「ウサギとヒグマ論」とかわいい信仰なんじゃないか、そしてそれを解決するのは新しい女子の魅力軸、という結論に達したのでここに記したいと思う。なんのこっちゃ。

 

 

なにかを褒める時に使う超便利ワード 「かわいい」

 

 

かわいい、かわいいってよく言いますけど

 

人は何をもってある対象を「かわいい」と思うのかなと考えたら

 

(見た目の趣味趣向は人それぞれあるが)自分より確実に弱者に対して抱く感情だよな、となり。

 

犬とか、子供とか、女性とか、アニメキャラとか

 

絶対に自分の存在を脅かさない存在に対して、人って「かわいい」って感情を抱くんですよね。

 

言わずもがな、可愛いの意味は元々「かわいそう」「気の毒」で、小さいものや弱いものに対して手を差し伸べたくなる感情と、気の毒で見ていられないという感情には近いものがあり、「気の毒だから助けてあげたい」が「愛おしい」といった趣旨の意味に転じたと。

gogen-allguide.com

 

 

つまり、ウサギを「かわいい」と思う人は多いけれど、今にも自分に襲いかかってきそうなヒグマを見て「わーかわいい。」って思うバカはいないわけで。

 

 

でもそれと同じことが現代の職場で起こっているわけです。

 

 

ぱっと見ウサギかと思ったら中身ヒグマだった、とか。笑

本人はウサギのつもりでいるんだけど周りからヒグマ扱いされる、とか。笑

ヒグマなのにウサギのように可愛がられたいと願ったり。

ウサギにもヒグマにもなれず、どっちつかずで悩んじゃったり。

ウサギでしか生きていけないと強制的にウサギに徹しなければいけない状況があったり。

逆に、無理にヒグマを貫いてヒグマであり続けることに疲れちゃったり。

 

しているわけですよ、世の女子たちは。

 

 

もう絶対に相反する2つの性質の狭間でもがいている、それが現代の働くガール。

 

 

 

それで、どうしたらいいかなと考えてみたんだけど

 

 

 

もう、世の女子を「かわいい」で評価するのやめません?

もう、かわいくなろうとするの、やめません?

 

 

っていう極論。

 

 

 

 

これ実はかなり根深い問題だと思っていて、なぜかというと、ちょっと話が飛躍しますが、無宗教大国ニッポンの宗教って実はあって、それが「かわいい」信仰なんだと思うんです。(根底には神道があると思うのですがそれはおいといて。)

 

 

ムズカシイ歴史の話は置きつつ、第二次世界大戦後に愛国心やニッポン人としてのアイデンティティーを喪失させる策の一環として、熱心な信仰がタブーとされた戦後の日本ですが

 

キリスト教徒だったらイエスとかマリアとかに癒しと救いを求め

その対象が宗教が変わればアラーだったりブッダだったりする

 

もうみんな疲れちゃってるから、こんな汚い世の中(と自分)とは懸け離れた、清らかな別世界の「何か」に人って癒しと救いを求めて信仰する。そしてその「何か」は絶対に自分を脅かさない。

 

 

それを奪われた日本人が、無宗教で暮らせども心のよりどころはほしいわけで、その結果何に求めたかというと「かわいい」なんじゃないかと思うんです。

 

 

だから男性は女性やペットや二次元のアニメキャラを見て「かわいい」と

女性は子供やペット、ゆるきゃらを見て「かわいい」と

誰もが何かしら「かわいい」対象をもって癒しを求めている。

 

 

社会生活を営む人間だもの、周りの人から、コミュニティから、社会から、受け入れられたい、認められたい、必要とされたい、と思って適応していくのは当然で、かわいいレベルと承認レベルが比例して上がるなんて3歳にでもなればどんな女の子も本能的に気づくわけで、そこまで根源的な人間の欲求の対象として求められる「かわいい」をやめるなんて、承認欲求と自己価値を犠牲にするような発想は普通持たない。

 

 

じゃあそのままでいーじゃん。世の女子たちよ、かわいくあれ!いとおかし!

 

 

って言っててもいいのだけど、それだと女子の社会的地位はいつまで経っても改善しないし、女性の管理職なんて増えないって。だって、誰も受け入れてくれないようなヒグマに、誰が進んでなりたいと思うんだ。

いや女子はみんな管理職になるべき!じゃなくて、どの業界、ポジション、社会的役割(働くも主婦やるも)であっても、もっと自信をもって活躍できる、尊敬される価値がもっともっとあると思うし、そのために何ができるか考えたい。という勝手な責任感。

 

 

そんななか、先日、心の底から「なるほど!」と思ったことがあった。

 

なんでか忘れたけど「子供かわいい、かわいくない」話をしていた時にある同僚が、「欧米の人たちって、 "I like children (because they are cute)." って言わないよね。」って言ってて、確かし!って叫びました。

 

日本だと「こどもかわいー!」「こどもってかわいいから好きー!」とかよく聞きますが、欧米ではそんなことわざわざ言わないですよね。むしろそんなこと言ってたら、頭おかしいんじゃないかって思われそうなぐらい。(特に男性が言ったら小児性愛者かと疑われるんじゃないか。)

 

なんでかっていうと、どんなに小さいこどもでも、一人の自立した人格として尊重しているから、弱者扱いして「かわいい」とは言わないんですね、きっと。一方で、赤ちゃんのことは "cute" って言いますよね。赤ちゃんはスーパー弱者だから。

 

大人の女性に対しても同様で、大学のクラスでみかけた女の子を男の子同士で "She's cute." とか言うことはあったとしても、デートで男性が女性を褒める言葉は絶対 "You are beautiful."ですよね。

 

"You are cute." って、軽んじて聞こえるんですよね。大人が使うと「あの子(中身と頭は知らないけど見た目は)かわいいな(ヤれるかな)」ってニュアンスですよね。(言葉が悪くて失礼!)

 

 

つまり何が言いたいかというと、「かわいい」ではなく「美しい」軸で女性の魅力を測れるようになれたら、もっと女性が周りからの評価を気にせず、めいっぱい輝けるのではないかということです。

 

 「仕事ができてカッコいい(尊敬する)」と「かわいい」って相容れないけど

 「仕事ができてカッコいい(尊敬する)」と「美しい」ってうまく共存できる

 

 

凄い凄い理想論だって自分で書いてて思う。でも女性を一人の自立した個性として尊重できれば、自分を脅かすヒグマでも、ただ静かに癒してくれるかわいい信仰対象のウサギでもない、一人の美しい女性として目に映るんじゃないかなぁと思うのです。

 

 

Doveは Real Beauty Sketchesで「あなたはあなたが思っているよりずっと美しい」を問うておられましたが、そもそも日本人女性の多くが自分が「美しい」って思えてない、そもそもなスタート地点にいて。

 

Always/Whsiperは#LikeAGirlで「"女の子らしく"っていつから侮辱になったの」と問うておられましたが、男女限らず多くの人が「(多少侮辱されても)女の子らしく(かわいく)いること」が正解だと思っているのが日本人なんです、そもそも。

 

 

どちらも一部で話題にはなりましたが、広告・コミュニケーションとして正式にローカライズ・ローンチされなかったのはインサイト刺さらないからだったと思います。

 

そう考えると、本当に日本人女性(とその周りの日本人全般)をinspire & empowerするためには、もうちょっと別のうまい方法、伝え方があると思っていて、そこをうまくやれそうだよなぁ。って最近思ってます。(思ってるだけじゃなくてやれ!)

 

そんな風に自分なりに論旨まとまってスッキリしたのでした。

 

 

今回もスーパー長い記事になってしまいました。。。ここまでで3871文字、原稿用紙10枚。軽い小論文だー。

もしここまで読んでくれた人いたらご連絡ください。ありがとうございます、ってちゃんとお礼をお伝えさせて頂きたいです。

 

ご意見あったらぜひ聞かせてください↓

furuya.75@gmail.com

 

Tokyo International Art Fair ε=(ノ・∀・)ノ



今年もTokyo International Art Fairに行ってみた
ε=(ノ・∀・)ノ

with仕事上がりの八田ちゃん♡ 
新しい会社で早速頑張ってて頼もしいぞ(`・ω・´)

f:id:uhsa-mimi:20160514212803j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212738j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212823j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212833j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212847j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212853j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212915j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212927j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212935j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212945j:image

f:id:uhsa-mimi:20160514212750j:image

途中インド系アメリカ人のアーティストさんとお母さんと立ち話に華が咲きw


ベジタリアンだから和食がすごく良い、日本大好き!って言ってくれて嬉しかった!


このイベント、世界中のアーティストさんとおしゃべりできるから好き。


その後、紆余曲折の末 FRIDAY's でみきちゃんとも合流してまんまTGIF女子会楽しかった♡

(みきちゃんと写真撮るの忘れちゃった💦)


東京にももっとこういうモダンアートのカジュアルパーティー増えればいいのにな( ^ω^ )